少人数結婚式の後は二次会で楽しむ【二度美味しい会】

キスをする新郎新婦

価格を元に計画

披露宴の後は、恒例の二次会です。幹事も大忙しでしょう。重要な責任を担いでいるのでストレスになりますが楽しそうな参加者を見れば吹っ飛びます。大まかな価格を元に計画して楽しい時間にしましょう。

Read More

幹事を効率的にする

二次会の幹事を頼まれたら

友人から結婚式・披露宴の二次会の幹事を頼まれた場合、よほどの理由がない限り快く引き受けましょう。忙しい場合は幹事を引き受けた上で、協力してくれる友人を探しましょう。 幹事のメンバーが決まったら、出席者の人数を確認します。新郎新婦から披露宴の参列者名簿を貰い、二次会からの参加者の有無も確認し、おおよその人数を決めましょう。 次に二次会でやるイベントとタイムスケジュールを決めます。余興やスピーチなどはできるだけ具体的に決め、時間に余裕を持った進行表を作成します。 次にお店の予約です。考えているイベントができる設備を持っているお店で貸切にできる所が良いです。理由は店員さんが二次会に集中することができ、イベントなどに協力してくれるためです。幹事の代表者で二次会の1週間前を目安にお店と打ち合わせをしておくと進行がスムーズにできます。

結婚式後の流れについて

結婚式、披露宴が終わったら、二次会の会場へ出席者を誘導します。事前に式場のスタッフにアナウンスを依頼しておくことも可能です。結婚式から二次会までの時間があまりない場合はスムーズな移動を促しましょう。逆に時間があるため一旦解散して二次会となる場合は、わかり易い場所を集合場所として設定して誘導できるようにしておきましょう。 結婚式、披露宴が終わったら、幹事の内1名は急いで会場に向かいましょう。会場の設営状況の確認やお店との最終打ち合わせ、受付の準備などを行います。荷物の搬入なども事前に行えなかった場合はこのタイミングとなります。お店の設備の使い方や、動画がちゃんと動くかなどの最終チェックをします。 入念な準備が二次会を成功させるポイントです。1人で無理なら協力者を募り、作業を分担します。お祝いの気持ちを形にして、新郎新婦を祝福しましょう。

礼儀がある

幹事と言えば、結婚式などお祝いの後に行なう二次会をメインに働く人達を言いますが、感謝の気持ちとして謝礼を渡すのが一つのマナーになっています。代行サービスもありますので検討しましょう。

Read More

質の良いダイヤ

結婚を約束した相手に贈る婚約指輪はダイヤが人気を呼んでいます。また質の高いダイヤにすると輝きもより一層大きくなるでしょう。近年なリーズナブルな金額で購入出来るので贈る側の負担になりません。

Read More